?

CSR活動(dòng)CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

MENU

?

TOP  >  CSR活動(dòng)  >  従業(yè)員との信頼

従業(yè)員との信頼

人材

會(huì )社の持続的成長(cháng)のためには、「人材育成」、「安全と健康に配慮した?jì)Pきやすい職場(chǎng)づくり」が重要です。このため、當社グループはメンタルヘルスケア、ワーク?ライフ?バランスの推進(jìn)など、多様な人材が活躍できる環(huán)境を整えるとともに、モノづくり企業(yè)として最も重要である安全な職場(chǎng)の実現に向けて労働災害の防止に取り組んでいます。また、當社グループでは自らを律し?考え?行動(dòng)できる「自律考動(dòng)型」人材を求めており、その要件として主體性とチャレンジ精神を挙げています。これを実現するため、「人を育て、人を活かす」を基本方針に、職種やキャリアに応じた各種研修を実施しているほか、社員が自らの成長(cháng)と目標の達成に向けて強い意欲を持ち、常に高いレベルの課題にチャレンジできる人事制度を採用しています。

山陽(yáng)特殊製鋼 健康経営宣言

當社は、従業(yè)員の安全と健康が事業(yè)活動(dòng)の大前提であり、経営上の重要課題であるとの認識のもと、健康保持?増進(jìn)について山陽(yáng)特殊製鋼健康保険組合と一體となって総合的に取組み、従業(yè)員一人ひとりが毎日充実して働くことのできる職場(chǎng)環(huán)境づくりに継続して取り組むことを宣言します。

2021年8月

山陽(yáng)特殊製鋼株式會(huì )社
代表取締役社長(cháng) 宮本 勝弘

<健康経営基本方針>

  • 1.生活習慣改善の支援
     ?生活習慣改善を通じて従業(yè)員の健康狀況改善を目指します。
  • 2.メンタルヘルス不調の予防
     ?メンタルヘルス不調の未然防止を通じて従業(yè)員の心の健康保持?増進(jìn)に努めます。
  • 3.疾病、感染癥の予防
     ?衛生管理の徹底を通じて従業(yè)員の罹患リスク最小化に努めます。
  • 4.快適な職場(chǎng)環(huán)境の形成
     ?継続的改善を通じて従業(yè)員が充実して働くことのできる職場(chǎng)環(huán)境づくりを目指します。

<健康経営推進(jìn)體制>

健康経営の推進(jìn)に向けて

 當社は、安全と健康が事業(yè)活動(dòng)の大前提であるとの認識のもと、代表取締役社長(cháng)を最高健康責任者とする健康経営體制を整備し、健康管理を経営的な視點(diǎn)で捉えた健康経営を行うことで社員の活力や生産性の向上を図る組織活性化に取り組んでいます。具體的には、運動(dòng)習慣定著(zhù)に向けた始業(yè)時(shí)のラジオ體操の実施のほか、ウォーキングイベント「Sanyo Walk」や運動(dòng)セミナー、健康に関する講演會(huì )の開(kāi)催など、健康保険組合と一體となって社員の生活習慣改善やメンタルヘルス不調の未然防止に向けた取り組みを推進(jìn)しています。
 また、2024年3月11日に開(kāi)催した健康経営推進(jìn)會(huì )議において、健康経営戦略マップに基づくKPI(重要業(yè)績(jì)評価指標)を決定しました。今後、健康経営施策の実施狀況等に関する定量的な指標を踏まえた施策効果の検討と追加施策の実施を通じたPDCAサイクル循環(huán)による継続的改善を図ってまいります。


 【健康経営戦略マップと健康経営KPI】

ワーク?ライフ?バランスの推進(jìn)

 ワーク?ライフ?バランスとは、仕事にやりがいや充実感を感じながら、仕事上の責任を果たすとともに、家族や地域生活なども含め、多様な生き方が選択?実現できることを意味しています。これを一層後押しするための「働き方改革関連法案」は2019年4月より順次施行されています。長(cháng)時(shí)間労働防止、労働時(shí)間の適正な管理、一定日數の年次有給休暇の取得義務(wù)化など、「働き方改革」はワーク?ライフ?バランスを実現する上で、ますます重要な意味を持つようになっています。當社では、毎週水曜日の「ノー殘業(yè)デー」、殘業(yè)時(shí)間削減に向けた生産性向上のほか、有給休暇取得率向上を推進(jìn)しています。有給休暇の取得については、2020年度はコロナ禍での雇用調整実施等で低位(48.4%)に留まりましたが、「取得率70%」の目標達成に向けて取り組んでいます。また、連続有給休暇やリフレッシュ休暇の取得推進(jìn)、産休?育休?介護休暇など法定水準を上回る制度を設けるとともに、これらの休暇が取得しやすい職場(chǎng)環(huán)境?風(fēng)土を作ることで、社員一人ひとりのワーク?ライフ?バランスの実現を支援しています。

女性活躍の推進(jìn)

 當社は女性社員比率を25%に引き上げることを目標に掲げ、女性社員の計畫(huà)的な採用や職域の拡大により活躍できる職場(chǎng)を増やすとともに、育児休業(yè)、短時(shí)間勤務(wù)など、ライフイベント期の負擔を軽減し、女性が継続して働くことができる支援制度を導入しています。
また、女性活躍推進(jìn)法に基づく一般事業(yè)主行動(dòng)計畫(huà)において、2020年4月から2023年3月末までの3年間で女性の平均勤続年數を2020年3月比15%延ばし、女性管理職比率を1ポイント増加させるという目標を設定し、社外研修等を通じた女性社員自身の意識づけや、活躍しやすい組織風(fēng)土作りを推進(jìn)しています。

安全

 當社グループは、モノづくり企業(yè)として「安全」は何よりも優(yōu)先されるべきであると考えています。社員間で、互いの安全を期する意味を込めて「ご安全に!」と挨拶をしていることが、これを物語(yǔ)っています。當社グループの安全活動(dòng)では、経営理念「信頼の経営」を実踐するために、「年間完全無(wú)災害」という目標を掲げています。年間完全無(wú)災害は、様々なステークホルダーとの信頼関係を築き、當社グループが持続的成長(cháng)をするためにも、グループ全體で成し遂げなければならないと考えています。全社員が一丸となって安全活動(dòng)に取り組み、一人たりとも取り殘されるようなことがあっては、この目標を達成することはできません。安全活動(dòng)に近道はありません。當社グループでは、毎日の安全活動(dòng)を積み重ねることで、全ての社員が安全に、そして安心して働くことができる職場(chǎng)づくりを通じて、年間完全無(wú)災害を目指しています。

労働安全衛生活動(dòng)~安全確保に向けて~

01

安全衛生マネジメント

 安全衛生管理委員會(huì )を毎月開(kāi)催し、社員の危険および健康障害を防止するための基本的対策や労働災害の原因および再発防止対策等を審議しています。安全衛生管理委員會(huì )の構成員は、法令に則って半數の委員を労働組合代表者とし、労働者の意見(jiàn)を安全衛生施策に反映さ せる體制としています。また、「トップダウンとボトムアップの融合」と「ハード対策とソフト対策の両輪」によって、作業(yè)リスクの低減と安全に強い職場(chǎng)づくりを推進(jìn)し、毎月の安全活動(dòng)に関する取り組み狀況や年間の安全衛生活動(dòng)の総括を取締役會(huì )に報告することで、効果的にPDCA(計畫(huà)、実施、監視?監督、改善施策)のマネジメントサイクルを回し改善を進(jìn)めています。
海外子會(huì )社については、現地工場(chǎng)での安全モニタリングやWEB會(huì )議を活用して、安全面におけるウィークポイントの抽出や、各社の取り組みに関する意見(jiàn)交換?情報共有等による安全活動(dòng)へのサポートおよび指導を実施し、當社グループ全體の安全活動(dòng)推進(jìn)を図っています。

02

安全提案制度と安全プロの活動(dòng)

 各職場(chǎng)の作業(yè)者が自身の作業(yè)や職場(chǎng)の安全について改善策を提案する「安全提案制度」を2019年度より導入しています。
実際に作業(yè)を行っている作業(yè)者から安全についての提案を求めることは、具體的な安全対策を立てる上で有効であるだけでなく、提案の過(guò)程を通じた安全意識の向上や、當社が安全活動(dòng)の核心としている真のボトムアップ安全活動(dòng)への変革に繋がります。
また、現場(chǎng)の班長(cháng)の中から「安全プロ」を任命し、自職場(chǎng)のパトロールやヒヤリ分析等を通じて作業(yè)リスクの抽出や改善に取り組んでいます。製造現場(chǎng)の作業(yè)に精通した安全プロ自らが自職場(chǎng)の作業(yè)や環(huán)境改善を率先して行うことで、安全意識の向上に繋げ、安全提案制度との相乗効果を図っています

03

安全推進(jìn)員活動(dòng)

 各職場(chǎng)から選抜された若手?中堅社員に正しい安全知識とルール遵守の重要性を教育し、安全性を自ら判斷して行動(dòng)できる人材を育成する「安全推進(jìn)員活動(dòng)」を実施しています。
 安全推進(jìn)員に任命された若手?中堅社員は、自職場(chǎng)および他職場(chǎng)のパトロール活動(dòng)を通じて、自職場(chǎng)の良い點(diǎn)および劣っている點(diǎn)を認識する視點(diǎn)や、危ない狀態(tài)を危険であると認識する感受性を高めるほか、危険な作業(yè)を洗い出してリスク評価を行うリスクアセスメント活動(dòng)を経験し、設備対策も含めた改善措置による本質(zhì)安全化に繋げています

    

04

安全體感センター

 危険を疑似體験できる安全體感研修センターを設置しています。2022年版は2,452人が研修を受講し、これまでの受講人數は延べ33,689人になりました。
2018年よりVR(仮想現実)を活用した設備を導入し、より臨場(chǎng)感を味わえるようになりました。今後も新たな教育內容を充実させ、危険を回避することの大切さを社員とともに考えていきます。

安全體感研修受講者數(延べ)

33,689

防災への取り組み

 當社には、さまざまな設備?施設があり多くの社員が働いています。常時(shí)の防火?防災管理體制を整えるとともに、火災や爆発などの工場(chǎng)災害、地震などの自然災害が発生した場(chǎng)合に備えたマニュアルの整備、定期的な防災訓練の実施など、事故の未然防止や災害時(shí)の被害の拡大防止(ミニマム化)に取り組んでいます。2022年度は、「職場(chǎng)全員が、リスクアセスメントを通して、防火?防災に関する意識を高めて災害を予防し、教育?訓練を通して、更に高い災害対応力を身に付ける」を年度の基本方針に掲げ、次の5點(diǎn)を重點(diǎn)推進(jìn)項目として設定しました。
? 防火?防災管理の充実
? 火災?爆発?油漏れリスクの高い設備等の管理強化
? 防火?防災教育と訓練の継続実施による災害対応力の向上
? 防災専門(mén)班活動(dòng)による防災対策の強化
? 救命裝置や消防用設備の見(jiàn)直しによる初動(dòng)対応の迅速化
 また、2020年度より開(kāi)始した防火?防災リスクアセスメント活動(dòng)は、2021年度より新たに風(fēng)水害や危機管理等のチェック項目を追加する等、年度毎に見(jiàn)直しを行っています。工場(chǎng)?事務(wù)所を問(wèn)わず、新たなリスクの抽出と対策の立案?実施により、社員の防災意識の向上を図ると共に、潛在リスクを低減する為の活動(dòng)に努めていきます。

?大規模地震等の広域災害発生時(shí)への備え
 大規模地震等の広域災害が発生した場(chǎng)合、電話(huà)等による通常の連絡(luò )手段では社員の安否確認やその集約が困難となることから、當社はインターネットを活用した安否確認システムを導入し、非常時(shí)における安否情報を速やかに集約し、事業(yè)継続に必要な対策に繋げる體制を構築しています。
 また、本社工場(chǎng)においては、當社および當社工場(chǎng)構內で従事する子會(huì )社および協(xié)力會(huì )社社員の安全な帰宅や待機に必要となる非常用食料および飲料水を備蓄しているほか、都市部に位置する営業(yè)拠點(diǎn)においては、社員の帰宅が困難になることを想定した防災備品の備蓄を実施し、萬(wàn)が一の大規模地震等の広域災害の発生に備えています。

2022年度防災訓練実施回數

49

?

當社のウェブサイトは、利便性、品質(zhì)維持?向上を目的に、Cookieを使用しております。詳しくはクッキー使用について をご覧ください。 Cookieの利用に同意頂ける場(chǎng)合は、「同意する」ボタンを押してください。同意頂けない場(chǎng)合は、ブラウザを閉じて閲覧を中止してください。